--/--/-- --:--

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
←あなたの1クリックが、学院祭を盛り上げる!!

2006/10/31 23:06

★早稲田祭パンフレット配布中 

先日用事があって大学に行くと、早稲田祭のパンフレットが配布されていました。
やはり大学の学園祭だけあってかなり大規模です。
パンフレットの作りもかなり綺麗な作りで、内容のあるしっかりしたものになっていました。
学院祭のパンフレットもひけをとらない出来でしたが、早稲田祭パンフレットも「さすが」といったところです。

有名人も多数招待されるようなので是非11/4、5は早稲田大学に行きましょう!
スポンサーサイト
←あなたの1クリックが、学院祭を盛り上げる!!

2006/10/30 23:45

★放課後の決算作業の様子 

20061030234557
今日も放課後、本部会計:宮内君を中心に決算作業が行われました。

細かく領収書が張られた書類を何部もコピーして、一円の狂いもないように計算する宮内君は本当に忙しそうでした。

決算作業が残っている班もあとわずかで、今回学院祭関係の仕事は終わりに近づいています…。
←あなたの1クリックが、学院祭を盛り上げる!!

2006/10/29 23:42

★合言葉 

「うー!!!」
学院祭以来、執行部を中心にスタッフ、そして他校生までも広まっていった言葉がこれです。

もともと「うぃー」といった軽い挨拶が変形した「うー!!!」という言葉は、本部書記:鈴木君や副院長:重本君を中心に使われ始めて、
学院祭が近づくにつれて執行部員やスタッフにも使われるようになりました。

朝登校中に友達に会うと、「おはよう」の代わりに「うー!!!」。
廊下で友達とすれ違う時、「よっ」の代わりに「うー!!!」。
会議中、雰囲気が悪くなったらとりあえず「うー!!!」。
駅で友達と別れる時、「また明日」の代わりに「うー!!!」。

この「うー!!!」は、今では学院内ではもちろん、他校の一部でも使われているようです。
第56回学院祭の、ある意味合言葉のような存在の「うー!!!」。
あなたも是非使ってみてください。

←あなたの1クリックが、学院祭を盛り上げる!!

2006/10/28 23:17

★早稲田祭 

http://www.wasedasai.net/

学院の兄貴分、早稲田大学の早稲田祭が11/4、5に行われます。
企画盛りだくさんで毎年大盛況の早稲田祭。
今年も豪華ゲストを招き、素晴らしい祭になること間違いありません。
是非高田馬場にお越しください!
←あなたの1クリックが、学院祭を盛り上げる!!

2006/10/27 22:44

★決算状況 

ステージ班、後夜祭班をはじめ、セキュリティ班やパンフレット班、屋台装飾班、有志支援班、学芸班などほとんどの班が決算作業を終えました。
本部会計:宮内君は毎日のように放課後学校に残って決算作業を行っています。

11月頭の引継ぎ作業まで、残すところ本当にわずかになってきました。
三年生にとっては、学校に通う日はあと50日もありません。
学院祭だけでなく、学院を卒業するまでに日を大事にしていきたいと思います。
←あなたの1クリックが、学院祭を盛り上げる!!

2006/10/26 22:54

★アルバム委員会 

放課後に行われたアルバム委員会の会合に参加させてもらいました。
卒業アルバムの各クラス部分に使われる写真を選ぶ会合で、体育祭や学院祭の写真を選考する作業に参加しました。
学院祭期間、1000枚を越す写真を撮っていただきました。
どの写真に写っている人も何かに「熱中」している様子が伝わってくるもので、素晴らしい写真ばかりでした。
特に後夜祭の写真は、見ているだけで背筋がゾクゾクしてしまいました。

卒業アルバムの完成が、とても楽しみです。
←あなたの1クリックが、学院祭を盛り上げる!!

2006/10/25 23:11

★バンド人気 

ブログ用メールアドレスに届くメールで一番多いのはバンドに関する内容です。
学院のバンド人気はかなり高いようで、かなり大勢の方からメールをいただきました。
ブログやホームページでももっと大々的に扱っていきたかったのですが、個人個人の写真を扱う事に関しては難しい面も多く、なかなか実現できませんでした。

学院祭で演奏した15以上のバンドはどこもレベルが高いようで、特に後夜祭で曲を披露したFull of f∞lsはかなり人気があるようです。
後夜祭に触発されて学院祭後にバンドをはじめた人も多く、これからも学院の音楽事情はますます活発になっていきそうです。
←あなたの1クリックが、学院祭を盛り上げる!!

2006/10/24 22:58

★他校の文化祭 

学院の掲示板には、まだたくさんの他校の文化祭ポスターがはられています。
毎年学院には多数のポスターが届き、届いたポスターは全て掲示板に掲示されています。
先日も幹事会室にポスターが届き、何人かの執行部員は届いたポスターやパンフレットを眺めて今回の学院祭を振り返っていました。

ブログ用メールアドレスにも他校の方から何人かメールをいただきました。
それぞれ文化祭に携わっている方からのメールも多く、運営に関する質問をいただくこともあります。

これからまだ先に文化祭をひかえている方、是非全力を尽くしてください。
我々学院祭執行部も、他校の文化祭を応援しています。
←あなたの1クリックが、学院祭を盛り上げる!!

2006/10/23 22:36

★決算作業開始 

今日から順に決算が進められることになりました。
昼休みには学JAM班と学芸班、放課後には後夜祭班とステージ班の決算が行なわれました。

領収書、余ったお金、手持ちの領収書を各班が用意して、それぞれ借用書と領収書を照らしあわせながら決算が行われました。
担当の教員と本部会計:宮内君、そして各班班長は真剣な表情で決算作業を行っていました。
学祭終了後も、最後までキッチリ終わらせる為にも決算作業がスムーズに行われるといいと思います。
←あなたの1クリックが、学院祭を盛り上げる!!

2006/10/22 23:11

★もう一つの「祭」 

学院にはもう一つの祭があります。それが「学・芸術交流祭」です。
「頭祭」と呼ばれる学・芸術交流祭は、正に学院生の才能が発揮される祭です。

11月4日に控えた学・芸術祭に向けて、委員会が動き出しています。
他校を招待しての英語ディベート大会や、英語スピーチコンテスト、美術・音楽の発表・展覧などが行われます。

学院祭ばかりが目立ってしまう学院の"祭"ですが、もう一つの"祭"にも是非注目してみてください。
←あなたの1クリックが、学院祭を盛り上げる!!

2006/10/21 19:46

★当日の様子 #03:後夜祭 

初めての試みとなった講堂での後夜祭開催。
執行部全員が不安と緊張でいっぱいの後夜祭、でもなんとしても成功させなければいけない。
そんな思いを持ちながら、ステージ企画も終わりに近づいた頃講堂に足をむけると、そこには今まで見たことがない光景が広がっていました。
正に超満員の講堂。
隅から隅まで客席が埋まっていて、更に講堂の入り口から並木道まで入場を待つ観客が殺到していました。
1500人収容の講堂に満員の客を除いて、後夜祭の入場を待っていた人数は1000人以上。
その人達はせっかく来てくれたのに見れないという大変申し訳ないことになりました。
中には後夜祭が見れなくて泣きながら「後夜祭見たかったのに」と言って帰った人もいたようです。
本当に申し訳ありませんでした。

タイムテーブルより少し遅れて、後夜祭が開始。
"Full of F∞ls"によるオープニングのバンド演奏はスタンディングオベーション。
1500人の観客が総立ちになって手を振り上げ、クラップして「群青日和」を盛り上げました。
演奏が終わって割れんばかりの歓声の後、ステージ企画「学院生の野望」の第2位"オランゲランゲ"。
オレンジレンジの3人に扮した学院生3人による歌もかなりの盛り上がりを見せました。
二曲目「花」の時には、観客席でホタルを左右に振っていたのを見て感激しました。
プロのミュージシャンでも1500人を前に歌えることなんてそうそうある事ではないのでしょう。
そして次は同2位の"アキバ45"。アキバ系オタクに扮した4人によるクールなダンスは最高の盛り上がりを見せました。
アニメーションという高度な技術を要するダンスは、曲中でも歓声と拍手が沸き起こりました。
そしてここでも何回も取り上げてきた三年生によるダンス企画。
観客席まで降りて行われるエンターテイメント性の高いダンスは大好評でした。
観客にかなり接近してダンスすることもあって、あちこちから「キャー」という声が聞こえました。
最後ポーズが決まったときは、拍手と歓声で講堂に地響きがするほどでした。

※ここまでは自分自身が出演したこともあって状況がわかるのですが、この後移動やトラブルもあって一部自分が見てない部分があります。
 その部分に関して詳しく書けないこと、ご了承ください。

この後、新企画「ワセコレ」の表彰式が、正に「パリコレ」のショーの様な形式で行われたり、
有志企画表彰や執行部紹介、そして前日誕生日を迎えた委員長:猪股君へのサプライズプレゼントなどが行われました。
最後は全員で校歌を斉唱し、無事後夜祭は終了しました。

不安ばかりだった講堂での後夜祭は、いくつか課題を残しながらも大成功でした。
ステージから見た満員の観客席は最高の眺めでした。
後夜祭にお越しくださった皆さん、本当にありがとうございました。

D1000195.jpg

←あなたの1クリックが、学院祭を盛り上げる!!

2006/10/20 18:01

★ブログランキング 

6月開設以来、fc2のブログランキングの「学校」部門ではほぼ毎日1位を獲得し続けてきました。
皆さんの投票、ご協力ありがとうございました。

現在では2位に位置していますが、学院祭終了後も投票してくれる方がいることを本当にうれしく思っています。
ブログを続けていく限り、常に1位を目指して更新していきたいと思います。
これからもご協力よろしくお願いします。
←あなたの1クリックが、学院祭を盛り上げる!!

2006/10/19 21:22

★燃え尽き症候群 

学院祭が終了してもうすぐ二週間がたとうとしていますが、学院祭の影響は執行部員にとっては本当に大きいもののようです。
ワールドカップに出場したサッカー選手が翌年のリーグ戦で結果を残せなかったり、オリンピックで好成績を残した選手が国内の大会で奮わなかったりするような「燃え尽き症候群」が執行部員に蔓延しています。

23名の執行部員のうち10名近くは学院祭終了後体調を崩して、そのうち数名は数日学校を欠席しました。
出席した人でも、執行部員同士で会うと「授業が耳に入ってこない」「学校に来るのが鬱」「もう一回学院祭をやりたい」という会話ばかりです。
中には枕を持参して授業中就寝に徹した人もいるほどです・・・。
自分も学院祭終了後は、これまで毎日必死に更新してきたブログの記事も、途端に書けなくなりました。
学院祭に関する情報が乏しいのも事実ですが、引継ぎの日まできっちり更新するように心がけたいと思います。

そんな中、委員長の猪股君は「気分転換に」と自慢のパーマ髪にストレートパーマをかけたりして"燃え尽き"を克服しようとしているようです。
他にもこの時期にバンドを組み始めたり、新しい事をはじめて気持ちを切り替えている人もいます。
なんとか学院祭から気持ちを切り替えて、早く執行部全員が気持ちよく普段の生活に戻れるようになってもらいたいと思います。
←あなたの1クリックが、学院祭を盛り上げる!!

2006/10/18 18:00

★当日の様子 #02:ステージ 

D1000204.jpg

D1000203.jpg


今年の学院祭ステージもかなり盛り上がりを見せました。
例年より多くの来場者数を記録した今回の学院祭ですが、ステージ前にいるお客様の数も例年より多かったように見えます。
特にギャルコンやG-BOYSといった企画では、女子高生のお客様から黄色い声が飛び交っていました。
他にも天下一舞踏会やWTVといったエンターテイメント系企画でも歓声や拍手がステージを盛り上げていました。

今年から新しく買い換えたステージも、組み立てやすく・使いやすい構造になっていてこれから先も長く利用されそうです。
長い時間をかけて製作されたステージ看板は、統一された「海賊風」なイメージで描かれていたのが印象的でした。

来年以降も、学院祭の中心としてステージは盛り上がりを見せてくれると思います。
←あなたの1クリックが、学院祭を盛り上げる!!

2006/10/17 23:29

★引継ぎ資料 

いよいよ引継ぎへの作業も本格的になってきました。
各班の引継ぎ資料がブリーフケースにアップされて、最後の合同学院祭会議に向けて添削作業が行われているところです。

このブログも、最後の合同学院祭会議を終える日に最終更新を行おうと思います。
6月から毎日更新をし続けてきたこのブログもそろそろ終わりになりますが、最後までお付き合いください。
←あなたの1クリックが、学院祭を盛り上げる!!

2006/10/16 23:31

★本部会計の仕事 

本部会計の仕事はこれからがメインになっていきそうです。
本部会計:宮内君の「会計ファイル」を見せてもらいました。

D1000384.jpg

D1000383.jpg


100ページ近くある会計ファイルには、それぞれの班の細かい会計内容に関する資料が詰まっています。
各班の予算、各期別の借用書や報告書、購入物の値段など全てが記されています。
これから班ごと順番に決算をしていき、まとめていく作業に入るそうです。
学院祭が終わって一週間が経ちましたが、これからもそれぞれ残された仕事を徹底していこうと思います。
←あなたの1クリックが、学院祭を盛り上げる!!

2006/10/15 21:33

★400通のML 

執行部用に作られたML(メーリングリスト)は、当日までに約400通のメッセージが送られてきました。
会議の情報、緊急の連絡、各班への会計に関する伝達、各班の進み具合、委員長からの言葉、全く関係のない会話、当日の天気に関する情報・・・
学院祭に関するメッセージはMLに集約されていると言っても過言ではありません。

ただの連絡網ではなく、熱い思いがこめられた数多くのメッセージが今でも執行部員の携帯電話の中に残されています。

「史上最高の祭を作った皆とこれからも仲良くしたい!」

学院祭が終わっても尚メッセージが送られているこのMLは、今後一生解約されることはないでしょう。
また再び「第56回 学院祭 執行部」としての集まりがあったり、それぞれにメッセージを伝えたいときがあったり、いろいろな場面でこのMLは使われていくと思います。

このMLにはメッセージ数のカウント部分が4桁しかありません。
今では0406となったカウント数ですが、いつか9999を迎える日が来ることをみんな楽しみにしています。

これから文化祭を行う方がいたら、是非MLを利用してみてください。
文化祭が終わった後、1からMLを読み返してみるのもいいと思います。
辛かった準備日から、涙を流した最後まで、いろいろな思い出がよみがえってくると思います。
←あなたの1クリックが、学院祭を盛り上げる!!

2006/10/14 23:21

★当日の様子 #01:アーチ 

20061014232153
何回もこのブログでアーチ班の活動を取り上げてきましたが、アーチは学院祭当日の朝ギリギリで完成しました。

モニュメント土台部の土入れと蓋閉じの作業はスタッフ外の人の力も借りて行われました。
アーチ垂れ幕は強風の影響で何回もめくれてしまいましたが、定期的にスタッフが確認・修正することでできるだけ綺麗な形に保つことができました。

初の試みとなったモニュメントはかなり評判が良く、また威圧感があるモニュメントを下からのぞき込むお客様の姿も印象的でした。
←あなたの1クリックが、学院祭を盛り上げる!!

2006/10/13 21:52

★会計作業 

学院祭が終了して各班の決算作業が行われます。
本部会計:宮内君は、これからが大変な作業になります。
後日、会計作業について詳しく記事を書こうと思います。
←あなたの1クリックが、学院祭を盛り上げる!!

2006/10/12 19:47

★後夜祭入場規制に関するお詫び 

10月8日に行われた後夜祭の入場規制に関してお詫び致します。

後夜祭が行われた本校の講堂は約1500人収容可能な建物ですが、その定員を大幅に越す来場者があった為、入場を規制させていただきました。
開始30分前にはすでに講堂がほぼ満席になってしまい、講堂入り口から並木道まで列ができる程になってしまいました。
また、その際後夜祭開始に合わせて来場されたお客様もたくさんいらっしゃったのですが、講堂前がすでにそのような状態だったため校門近くでも入場規制をさせていただきました。
講堂内座席は満席で、「立ち見でも」という人も大勢いらっしゃったのですが、演出の都合上通路での立ち見は危険を伴う為、立ち見での入場も禁止にさせていただきました。
総合案内班その他の調査によると、後夜祭を見に来たのに講堂に入場できなかった人数は約2000人で、定員1500人の倍以上のお客様が後夜祭を楽しみにしていてくれたことになります。
また、お客様だけではなく大勢の学院生も入場できませんでした。
元々定員の1500人に対して学院全生徒数は1800と全員が入場できないことは学院祭委員会生徒側・教員側共に承知の上での実行でしたが、半分以上が外部のお客様と思われる為、1000人以上の学院生も入場できなかったことになります。


今年から安全面に配慮して、ステージではなく講堂での後夜祭開催をさせていただきました。
ステージでの後夜祭開催時に
・お客様が退場される際、大勢の人が一斉に出口に殺到する
・後夜祭を見たくてもステージ前に入れず、やむを得ず帰るお客様が大勢いらっしゃった
・基本的にステージ前で地面に座ってみる人がほとんどだが、後方の立ち見で混雑していて押し合う等危険である
といった安全面や満足度の面で今まで悩まされてきた問題に対処するための方法として講堂での開催となりました。
前年の会議でも「来年以降は講堂にうつさないなら後夜祭は実施できない」という教員側の意見が出ました。

今年はそれらの問題を解消するために後夜祭を講堂で開催することに決定しましたが、当然たくさんの疑問点も生じていました。
・客席と舞台に間があり、盛り上がりにかけるのではないか。座席があることで臨場感を感じられないのではないか。
・座席の割り振りをどうするのか。学院生と外部客を同じ座席に配置することで問題はないのか。
・客だし時、スムーズな客だしは可能なのか
・ステージ前での後夜祭開催時のお客様の数は500程度だったのに対して、1500人収容の講堂が満員になるのか。
まだまだ多くの問題を抱えていましたが、それらの問題一つ一つを解消するために様々な対策を練り、どうにか講堂での後夜祭開催にこぎつけました。
執行部としても当日まで実際どのようになるのか全くの未知数で、不安だらけでした。
しかし当日、客席は満員になり、お客様退場時もセキュリティ班とスタッフの活躍によりスムーズに行え、スタンディングオベーションに始まって最高の盛り上がりと感動を見せられた後夜祭は正に最高のものになりました。

今回がはじめての試みとなった講堂での後夜祭開催。
多くの問題に対処してきましたが、今年「後夜祭を見れない客への対策」という部分で大きな問題が生じました。
後夜祭を見れなかった大勢のお客様、本当に申し訳ありませんでした。
来年以降の後夜祭に向けて、今後行われる後輩への引継ぎ時に、大きな問題として解決法を打ち出していくようにしていきたいと思います。
是非来年の学院祭、そして後夜祭を楽しみにしていてください。
←あなたの1クリックが、学院祭を盛り上げる!!

2006/10/11 23:14

★ペンキ落とし作業 

今日は、美術系班員を集めて校内ペンキ落とし作業が行われました。

アーチ班や装飾班、屋台装飾班などが使用したペンキが床に付着している部分があった為、各班員を集めて除去作業をしました。
学院祭が終わって、目標を失ったように気が抜けた班員ばかりでしたが、当日の話で盛り上がりながらペンキを落としていました。

今後も学院祭関係の活動はいくつか続きます。
引継ぎ作業を中心に、校内清掃や物の処理、会計作業など細かい作業も残されています。
←あなたの1クリックが、学院祭を盛り上げる!!

2006/10/10 23:58

★学院祭の様子 

学院祭当日の様子を、早稲田大学高等学院ホームページで公開しています。
こちらも是非ご覧ください!

http://www.waseda.jp/gakuin/gakuin-sai/2006pict/index.html
←あなたの1クリックが、学院祭を盛り上げる!!

2006/10/09 22:25

★本当にありがとうございました。 

後日、当日の様子を公開します。
約12000人のご来場、本当にありがとうざいました!
←あなたの1クリックが、学院祭を盛り上げる!!

2006/10/06 23:57

★あなたを熱くさせるもの 

6/27からはじまった第56回 学院祭 オフィシャルブログ。
「あなたを熱くさせるもの」をテーマとして、また「カリブの海賊」の統一した美術テーマの下、準備を進めてきました。
自分が一年生の時、ステージ班員として参加して知った学院祭の素晴らしさ。
生徒が作り上げる、高校規模では考えられない程の勢いを持った文化祭。
「それをいつか自分達が作り上げる時がくる」そんな思いを持ち続けた二年間の集大成が明日、披露されます。

準備活動終了後に毎日行う「日めくり」という、スタッフが集まって気合を入れる集会の場で生まれた歌があります。

---
日めくりに集まる俺たちは
揃いも揃ってクソったれ
それをまとめる執行部
学院一のクソったれ
1年2年皆いいか
辞めるのならば今のうち
それでもついて行くのなら
熱い祭を見せてやれ
---

一昨年、昨年の先輩方から受け取った熱い魂。
それを実現すべく、また越えていけるように学院祭のことを常に考えて行動してきました。
たった二日間の行事の為に寝ることを惜しまずに働き続けることは、周りから見たらただの「バカ」かもしれません。
「学院一のクソったれ」かもしれません。
それでも、自分達にはやらなければいけない使命というものがあります。
とにかく最高の祭を観客、そして後輩に見せることで自分達の思いを後世にも残していくこと。
その使命を守るべく集まった執行部、そしてスタッフ。
きっと全員が同じ思いを持って当日を迎えることでしょう。

今まだ、自分には「明日本番」という実感が湧きません。
きっと明日・明後日の二日間は、普段では考えられないくらいとてつもなく短い時間に感じると思います。
それでも、自分がやるべき一瞬一瞬の仕事に最大限のパワーを出し切っていくことで、その短い時間の中で大きなものを残していきたいと思います。
これまでの日々のことを、僕達スタッフは全員忘れられないでしょう。
そして、明日・明後日の当日のことも絶対に忘れられない日にしたいと思います。

準備日は二日とも土砂降りの雨模様でした。
設置等具体的な活動を完了しないまま迎える明日の当日。
明日の天気予報は「晴れ 30℃を越す真夏並の暑さ」。

嵐が去って、今年最後の「熱い」夏。
学院生のパワー、スタッフの努力、観客の期待がきっと夏をもう一度呼んでくれたのだと思います。

明日は、是非学院祭にお越しください。そして今年最後の「熱い」夏を楽しんでください。
最高のエンターテイメントで皆さんを「熱く」させます。


最後になりますが、この場を借りてお礼を言いたいと思います。

毎日時間を共にした執行部のみんな。
執行部員として広報班長に僕を迎えてくれた委員長の猪股君。
ブログの更新を毎日チェックしてくれた須山教員。
ホームページ等アップ作業に協力してくれた竹沢教員。
学院祭会議等でお世話になった先生方。
ブログスペースをお借りしたfc2様。
学院祭を大きくとりあげてくれたMSN様。
より厳しい目と寛大な心でブログをチェックしてくれた大学の先輩方。
励ましのメールをくれたいろいろな方。
毎日朝誤字のチェックをかかさずにしてくれた両親。

そして、今日までにここを見てくれた32948人の人達。


言葉では表せないくらい、本当に、本当に感謝しています。
三ヶ月間、毎日何か続けられたのはこのブログがはじめてだと思います。
皆さんのおかげです。本当にありがとうございました。



明日も当日更新を行う予定です。是非学院祭終了までブログの方もよろしくお願いします。

---
早稲田大学高等学院 第56回 学院祭 「あなたを熱くさせるもの」

■10月7日、8日

■西武新宿線「上石神井駅」下車。徒歩7分
---
←あなたの1クリックが、学院祭を盛り上げる!!

2006/10/06 23:53

★ブログ大更新祭 #09:弾幕 

20061006235330
ついに弾幕完成!渾身の出来になりました!
←あなたの1クリックが、学院祭を盛り上げる!!

2006/10/06 23:31

★ブログ大更新祭 #08:リハ 

20061006233149
照明・音響と連動した細かい指示が響きます。
←あなたの1クリックが、学院祭を盛り上げる!!

2006/10/06 23:26

★ポスター公開+待ちうけ画像 

学院祭ポスターの画像を公開します。
他校や地域にはかなり貼られているようですが、前日になったのでブログでも公開していこうと思います。

poster.jpg

←あなたの1クリックが、学院祭を盛り上げる!!

2006/10/06 16:37

★ブログ大更新祭 #07:照明 

20061006163709
照明器具の搬入を終えて、リハーサルにも力が入っています。
←あなたの1クリックが、学院祭を盛り上げる!!

2006/10/06 14:55

★ブログ大更新祭 #06:リハ 

20061006145556
現在後夜祭のリハーサルが行われています。
←あなたの1クリックが、学院祭を盛り上げる!!

2006/10/06 11:37

★ブログ大更新祭 #05:弾幕 

20061006113713
アーチ弾幕づくりはギリギリになりそうです…。
←あなたの1クリックが、学院祭を盛り上げる!!

×Official HP

56th GAKUIN Fes Official HomePage OPEN!!

×56th GAKUIN Fes

×第56回 早稲田大学高等学院 学院祭×

毎年約二万人を動員する学院祭。
高校規模の文化祭では日本有数の規模を誇ります。
今年のテーマは「あなたを熱くさせるもの」。
最新情報や、当日までの様子を公開します。

■テーマ
「学院祭 ―あなたを熱くさせるもの―」

■日時
2006年10月7日(),8日()

■場所
早稲田大学高等学院 →地図

詳しくはこちら

×new entry

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

×profile

56th GAKUIN Fes

Author:56th GAKUIN Fes
学院祭当日までの日々を公開していきます。
「―あなたを熱くさせるもの―」
今年の学院祭には、絶対あります。

広報班長:福田新

×about link

当ブログはリンクフリーですが、gakuin_fes_56th@hotmail.co.jpまでメールをいただけると嬉しいです。 リンクに関しては、下のバナーをご利用ください。

xxx

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。